豆まき・のりまき



子供時代からもう随分と経って、豆まきも遠い昔の行事となっています。

最近では娘の保育園の行事にあるくらい。でも家では、豆で汚れるのも嫌

なので、やってないんですね。昔実家では、毎月一日には神棚を拝み、

祝祭日には国旗を揚げ、節分・ひな祭りなどの行事もきちんと両親がして

くれていました。とりあえず、ちらし寿司を作ってみたりと多少は娘にもして

あげてはいるものの、私が小さかった頃ほど古来の行事には目を向けなく

なっています。

最近ではハロウィンなるものが登場。正直よく意味が分からないのですが

若い人は楽しんでいるようですねえ。



さて、節分って何なのか知ってます?「鬼は外~福はうち~」というセリフ

でなんとなく分かってはいるけれど・・・。

もともとは節分って年に4回あるんですね。立春・立夏・立秋・立冬の

それぞれ前日のことを言うそうですが、いつのまにか立春の前日だけに

なったみたいです。冬から春になる時期を一年の境、ようするに大晦日

といったもので、その時に疫病などをもたらす悪い鬼を追い払う儀式として

始まったみたいですね。厄払いってやつでしょうか。

私としては豆を投げながら「福はうち~福はうち~福はうち~」と連呼したい。



関西の方の風習が、最近では北海道にも流れてきてますね。10年近くなり

ますが、「恵方巻き」という海苔巻きを節分に食べるようになりました。最初は

コンビニが始めだったような記憶。 最近はスーパーのお惣菜売り場にも

色々な恵方巻きが並び、去年の節分はすごい人ごみでした。

私はまだ実践したことがないのですが・・・、今年は挑戦してみようかな?



by みみお


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


七 × = 63

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>